このページの本文へ移動

1 市街地再開発事業について

1 事業の概要

○事業の目的

 本事業は、大会時の選手用宿泊施設等として一時使用され、大会後に本整備のうえ分譲又は賃貸される住宅棟(板状)21棟及び商業施設1棟に加え、住宅棟(超高層タワー)2棟を大会後に整備することにより、多様な人々が交流し快適に暮らせるまちづくりを行うことを目的としています。

○事業の概要

①事業名称
晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業
②事業施行者
東京都
③事業施行場所
東京都中央区晴海五丁目の一部
④事業概要

(1)面積 約18ha
(2)計画概要
 [施設建築物の概要] ※特定建築者(施設建築物の建築の実施者)による整備
 ・棟  数 24棟 ・住宅戸数 約5,650戸
 [公共施設の概要]
 ・幹線街路 補助第314号線 延長約  210m
 ・区画道路 区画街路4路線 延長約1,570m
 [総事業費] ※特定建築者の整備費を除く
  約540億円

2 事業の経緯、今後の予定

○事業の経緯

平成25年01月 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会が立候補ファイルを提出別ウインドウを開く
9月 2020年オリンピック・パラリンピック競技大会開催都市が決定別ウインドウを開く
平成26年12月 「選手村大会後における住宅棟のモデルプラン」を公表別ウインドウを開く
平成27年01月 東京2020大会選手村及びレガシー検討に係る事業協力者を公募
環境影響評価書案を提出
3月 東京2020大会選手村及びレガシー検討に係る事業協力者を決定別ウインドウを開く
12月 「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」を策定別ウインドウを開く
平成28年03月 「東京2020大会後の選手村におけるまちづくりの整備計画」公表
4月 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の認可を取得
5月 特定建築者を公募(敷地処分予定価格を公表 → 算定手法はこちら(PDFファイル307KB)
道路等の都市基盤整備に着手
7月 特定建築者を選定
平成29年01月 建築工事に着手

○今後の予定

平成31年12月(目途)
大会時に必要な部分の整備完了
平成32年 7月~
東京2020大会
大会後改修工事
平成36年度
事業完了

3 事業の進捗状況

○工事進捗状況

・定点写真
【撮影場所・方向】

地図

・平成29年11月時点
写真 写真
・平成29年7月時点
写真 写真
・平成29年4月時点
写真 写真
・平成29年1月時点
写真 写真
・平成28年10月時点
写真 写真
・平成28年7月時点
写真 写真

・工事かわら版
 近隣にお住いの方々へ、「工事かわら版」を2か月に1度の頻度で発行し、選手村関連工事の進捗状況等をお知らせしています。

Vol.6(2017年12月)(PDFファイル2.2MB) Vol.5(2017年10月)(PDFファイル1.5MB)
写真 写真
Vol.4(2017年8月)(PDFファイル1.9MB) Vol.3(2017年6月)(PDFファイル2.1MB)
写真 写真
Vol.2(2017年4月)(PDFファイル1.9MB) Vol.1(2017年2月)(PDFファイル2.1MB)
写真 写真

・選手村住宅棟の整備における木材調達
 「選手村住宅棟の整備における木材調達」(PDFファイル194KB)

4 関連ページ

■東京都第一市街地整備事務所HP 晴海五丁目西地区
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/daiichiseibi/chiku/harumigo/index.html

■東京都オリンピック・パラリンピック準備局 選手村
https://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/torikumi/facility/sensyu/index.html別ウインドウを開く

お問い合わせ先

市街地整備部再開発課選手村調整担当
電話 03-5320-5114