このページの本文へ移動

建築紛争の予防と調整
条例による手続

標識の設置義務

1 標識の設置(記載例1(PDFファイル135KB)

 中高層建築物を建築しようとする建築主は、建築確認等の申請を行う前に、「建築計画のお知らせ」という建築計画概要を記載した標識を、建築予定地の道路に接する部分(建築予定地が2以上の道路に接するときは、それぞれの道路に接する部分)に、原則として地面から標識の下端までの高さが概ね1mとなるように設置しなければなりません。
 なお、標識の表示板の購入については、一般社団法人東京都建築士事務所協会(電話03-3203-2601)・一般社団法人東京建築士会(電話03-3527-3100)などにお尋ねください。

2 標識の設置期間

 延べ面積が1,000平方メートルを超え、かつ、高さが15mを超える中高層建築物に係る標識の設置期間は、建築確認等(※2以上の手続をする場合、最初の手続)の申請日の少なくとも30日前から工事が完了した日等までの間です。
 それ以外の中高層建築物に係る標識は、申請日の少なくとも15日前からです。

※例えば、建築確認申請の外に建築に係る許可や認定等の申請をする場合を指します。

 標識設置届に伴う関係条文一覧(関係条文一覧(PDFファイル244KB)

3 標識設置届の提出(記載例2(PDFファイル162KB))(第2号様式(wordファイル20KB)

(1) 都条例の対象となる中高層建築物は、全て東京都への標識設置届の提出が必要になります。

(2) 標識を設置した日の翌日から起算して7日以内(ただし、7日目が閉庁日に当たるときは次の開庁日)に標識設置届を提出します。

(3) 標識設置届には必要事項を記入し、案内図、標識設置位置図及び標識のカラー写真(遠景・近景)を添付します。(記載例2参照)

  • ・ 標識設置場所が複数の場合(建築予定地が2以上の道路に接するとき)は、写真はその場所毎に必要となります。

(4) 提出部数

  • 23区内   3部(正本、副本、控(建築主保管用))  ※副本及び控については、コピー可
  • 島しょ地域  2部(正本、控)
  • 多摩建築指導事務所が所管する地域  2部

4 標識記載事項の変更(記載例3(PDFファイル150KB))(標識設置届の変更について(PDFファイル202KB)

(1) 建築計画を一部変更したときは、建築主は速やかに標識の該当事項を訂正します。

(2) 変更の届出をします。23区内及び島しょ地域(市街地建築部調整課の所管)については、変更後の標識の写真を3部(島しょ地域は2部)、標識設置届の控及び届出者の認印を窓口に持参し、都が保管する標識設置届の正本と控を訂正します。(記載例3、標識設置届の変更について参照)

 ※多摩建築指導事務所の所管分につきましては、担当各課へご確認ください。