このページの本文へ移動

総合物流ビジョンに基づく物流効率化推進

 住民の生活や産業活動は、物流によって支えられている。社会経済の国際化に伴う競争の激化、人々のライフスタイルの多様化などが進む中、物流におけるコスト削減、サービス向上、環境負荷低減など、首都圏を見据えて物流の改革に取り組むことが必要である。
 都は、物流効率化に向けて、陸・海・空の物流基盤の整備、産業振興、民間と公共の連携など総合的な観点から、東京都の物流対策の基本的な考え方をまとめた「総合物流ビジョン」を平成18年に策定した。
 引き続きこのビジョンに基づき、物流効率化を推進し、国際競争力の強化や暮らしと環境の向上を実現していく。
 また、物流を巡る状況変化等を踏まえて、新たな物流政策の検討も行っていく。

お問い合わせ先

都市基盤部 交通企画課 調査担当
直通 03-5388-3283