このページの本文へ移動

超高層建築物等における長周期地震動対策

 東日本大震災では、東北地方のみならず、都内の超高層建築物においても長時間の揺れが観測された。
 これらの現象は長周期地震動がその原因の一つであるとして注目されている。
 国土交通省では、内閣府における長周期地震動に関する報告を勘案し、平成28年6月に「超高層建築物等における南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動対策について(技術的助言)」を示した。また、引き続き、内閣府においては、相模トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動の検討が進められている。
 都は、国と連携し、建物の所有者等が必要な対策を講じていくことができるように普及啓発を図るなど、区市等と協力して、超高層建築物の安全性の確保に向け積極的に取り組んでいく。

お問合せ先

市街地建築部建築指導課市街地担当
直通 03-5388-3363