このページの本文へ移動

定期講習の受講について

最終更新日:平成29(2017)年3月27日

 建築士法では、建築士の資質・能力の向上を目的として、建築士事務所に所属する建築士(以下「所属建築士」という。)に対し、3年ごとの定期講習の受講が義務付けられています。
 所属建築士の方々が定期講習の受講機会を捉え、建築技術の高度化や建築基準法令の改正等の知識を身に付け、設計等の業務の適正な実施につなげていただくよう、お願いいたします。
 なお、受講期限内に定期講習を受講しなかった場合は、建築士法に基づく懲戒処分の対象となることをご留意ください。

○定期講習の受講義務について

◇平成29年度内に受講することが必要な所属建築士

 以下の所属建築士の方々は、平成30年3月31日までに定期講習の受講が必要です。

  1. ① 定期講習を平成26年度に受講し、それ以降受講していない所属建築士
  2. ② 平成26年度に建築士試験に合格し、合格日から平成30年3月31日までの間に建築士事務所に所属した受講経験のない建築士

◇遅滞なく受講することが必要な所属建築士

 以下の所属建築士の方々は、遅滞なく定期講習の受講が必要です。

  1. ③ 建築士試験に合格し、合格日の翌年度の開始の日から起算して3年を超えた日以降に建築士事務所に所属した建築士
  2. ④ 前回受講日の翌年度から3年経過後、再び建築士事務所に所属した建築士

受講期限等の例

○留意事項

 東京都知事登録の二級建築士又は木造建築士で、産休や休職中等により定期講習が受講できない方、建築士事務所を退所したが当該事務所の所属建築士名簿に掲載されている方は、建築企画課にご相談ください。

○登録講習機関

  • ・定期講習は登録講習機関が行うものを受講する必要があります。申し込み・講習に関する問い合わせについては、各登録講習機関へ直接ご連絡ください。
  • ・なお、講習を受けた上、修了考査に合格することで、定期講習を受講したことになります。
講習機関名 実施している講習 ホームページ/電話 開催場所
公益財団法人建築技術教育普及センター 一級、二級、木造 http://www.jaeic.or.jp/別ウインドウを開く
TEL:03-6261-3310
全国47都道府県
株式会社日建学院 一級、二級 http://www.nik-g.com/別ウインドウを開く
TEL:03-3988-6432
全国47都道府県
特定非営利活動法人 住宅福祉サービス 一級、二級、木造 http://www.jfs2001.com/別ウインドウを開く
TEL:075-212-9989
京都府
株式会社総合資格学院法定講習センター 一級、二級 http://www.shikaku-center.jp/別ウインドウを開く
TEL:050-5541-7500
31都道府県
ビューローベリタスジャパン株式会社 一級、二級 http://www.bvjc.com/別ウインドウを開く
TEL:042-527-0705
東京都、神奈川県、
愛知県
特定非営利活動法人 東京土建ATEC 一級、二級、木造 http://www.doken-atec.jp/別ウインドウを開く
TEL:03-6915-2284
東京都
特定非営利活動法人 埼玉土建建築支援センター 一級、二級、木造 http://kenchikushiencenter.jp/別ウインドウを開く
TEL:048-669-1551
埼玉県
株式会社ERIアカデミー 一級、二級 http://www.a-eri.co.jp/別ウインドウを開く
TEL:03-5775-7848
東京都、神奈川県、
愛知県、大阪府他
株式会社確認サービス 一級、二級、木造 http://www.kakunin-s.com/別ウインドウを開く
TEL:052-238-7763
東京都、静岡県、
愛知県、三重県他