このページの本文へ移動

都選定歴史的建造物詳細 103~105

103 寿々喜家

建造物写真

所在地
東京都青梅市本町153番地
建物
建設年
明治中期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 3階
最寄駅
JR青梅線 青梅駅
概要
創業は明治34年の老舗の飲食店を営む。当時では珍しい木造3階建ての建築であり、カウンターのほか、奥には座敷を設ける。小説家池波正太郎も通ったお店でもある。

104 永濱邸

建造物写真

所在地
東京都青梅市西分町一丁目110番地
建物
建設年
昭和期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 2階
最寄駅
JR青梅線 青梅駅
概要
旧青梅街道(現都道28号線)沿いに建つ昭和期モルタル看板建築である。正面窓の上部には、三角形をモチーフとした装飾があり、同様の意匠が側面の窓の上部にも施されており、砂岩風の外壁も特徴的である。

105 昭和レトロ商品博物館

建造物写真

所在地
東京都青梅市住江町65番地
建物
建設年
明治~大正期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 2階
最寄駅
JR青梅線 青梅駅
概要
「昭和レトロ博物館」は「青梅赤塚不二夫会館」と映画の手絵描きの看板が目印となった「昭和幻燈館」に隣接し、旧青梅街道沿いに建つ。「昭和レトロ」をテーマとしたまちづくりを進めている青梅駅前の中心的存在である。本建築は当時の商店としての町家の構えを持ち、昭和レトロ商品とともに昭和の面影を今に伝えている。

<前の3件