このページの本文へ移動

都選定歴史的建造物詳細 49~51

49 高安寺 本堂

建造物写真

所在地
府中市片町 二丁目4番1号
建物
建設年
享和 3(1803)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 1階
最寄駅
京王線 分倍河原駅
概要
寛永元年(1624年)に火災に遭い本堂が消失したが、享和3年(1803)に再建された。正面に掲げる「等持院」の扁額は、開基となった尊氏公の法嗣名である。

50 高安寺 山門

建造物写真

所在地
府中市片町 二丁目4番1号
建物
建設年
明治 5(1872)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 2階
最寄駅
京王線 分倍河原駅
概要
廃仏毀釈の世相で明治5年(1872)に工事を中止し、長い間未完成であった。
現在は、完成して山門の左右には仁王像が安置されている。

51 高安寺 鐘楼

建造物写真

所在地
府中市片町 二丁目4番1号
建物
建設年
安政 3(1856)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 1階
最寄駅
京王線 分倍河原駅
概要
創建当初の鐘は享和元年(1801)の火災で焼失し、現在の鐘は安政3年(1856)に改鋳されたもので、同時に鐘楼が建設された。鐘は下谷保の金屋関忠蔵父子が鋳造したものとされる。

<前の3件 次の3件>