このページの本文へ移動

相互認証制度について

相互認証制度について・・・他道府県へ転出された方、都へ転入された方へ

 東京都で応急危険度判定員の登録、活動をするためには「都内に在住または在勤している」必要があります。このため東京都ボランティアの方で、転勤等により居住地・勤務先共に他道府県へ移転された場合は、東京都での資格要件を喪失することになります。また、転勤等で東京都に移転され、居住地・勤務地が都内になられた方は新たに資格要件を満たします。そうした場合、引き続き登録を希望する場合は、全国協議会で定められた都道府県間の「相互認証制度」により、原則として講習会等の受講が免除され、移転先での事務手続のみで登録できることになっています(下記フロー参照)。転入の方は、別添登録申込書を提出ください。なお、移転された際には、移転先の道府県へお問い合わせください。

相互認証手続きに関するフロー

東京都から転出・・・東京都で判定員登録をしているAさんがX県へ転勤し、判定活動の継続を希望する場合

画像:防災ボランティア制度とは?

他道府県から都に転入・・・他道府県で判定員登録をしているBさんが東京都へ転勤し、判定活動の継続を希望する場合

画像:防災ボランティア制度とは? 東京都防災ボランティア登録申込書