このページの本文へ移動

建築物の浸水対策について

 近年、局地的な集中豪雨が増加しています。都内でも、平成17年9月に台風14号の影響により、地域によっては1時間に100ミリを超える大雨が降りました。この雨により、床上浸水などの被害が発生しています。
 建物を設計する際には、予定地の地理的状況により地下室などの浸水対策を行うことが、生命及び財産を守る上で重要となります。以下の情報を活用して、被害を未然に防ぎましょう。

1 浸水の恐れのある地域の把握

 浸水実績図、浸水予想区域図、洪水ハザードマップなどがインターネットなどで公開されています。地理的状況を把握し、浸水の予想される地域で特に地下室を設ける場合は、建物の浸水対策が必要です。

○東京都建設局河川部
水害にそなえて ~都市型水害対策に対する東京都の取組~別ウインドウを開く

2 浸水対策にかかる技術指針

 建物の浸水対策については、「地下空間における浸水対策ガイドライン」などがインターネットなどで公開されています。

○国土交通省河川局
地下空間における浸水対策ガイドライン別ウインドウを開く

○財団法人 日本建築防災協会
「浸水時の地下室の危険性について」などのパンフレット別ウインドウを開く