このページの本文へ移動

高齢者の居住安定確保プラン
- 基本的方針と実現のための施策 -

最終更新日:平成30(2018)年3月30日

高齢者の居住安定確保プラン

 高齢化が急速に進行する中、高齢者が多様なニーズに応じた居住の場を選択できるようにするとともに、住み慣れた地域で安心して暮らすことのできる環境の整備を図るため、都は、住宅施策と福祉施策が連携し、「高齢者の居住安定確保プラン-基本的方針と実現のための施策-」を策定し、総合的に施策を推進しています。
 今後とも、本プランに基づき、区市町村や様々な主体と連携して、高齢者の居住の安定確保に向けた取組を、より一層進めてまいります。

高齢者の居住安定確保プラン

1 高齢者の居住安定確保プランの目的と位置づけ

  • ・高齢者の居住の安定確保に向け、住宅施策と福祉施策が連携し、総合的・計画的に施策を推進するための基本的な方針と実現のための施策を示した計画
  • ・計画期間は、2015(平成27)年度から2020(平成32)年度まで
  • ・「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づく「高齢者居住安定確保計画」としての位置づけ

注釈 「2020年に向けた実行プラン」、「東京都住宅マスタープラン」及び「第7期東京都高齢者保健福祉計画」の策定等を踏まえ、プランを改定(2018年(平成30年)3月) 別ウインドウを開く(平成30年3月30日付報道発表資料ページへ)

2 ダウンロード(2018(平成30)年3月)

概 要PDFファイル295KB)

3 意見募集の結果

 「高齢者の居住安定確保プラン」は、「2020年に向けた実行プラン」、「東京都住宅マスタープラン」及び「第7期東京都高齢者保健福祉計画」の策定等を踏まえ、プランを一部改定しました。改定に当たっては、同年1月に「高齢者の居住安定確保プラン(一部改訂案)」を公表し、都民の皆さまからの意見募集等を実施した上で、最終的に取りまとめました。

「高齢者の居住安定確保プラン(改定案)」に対する都民意見の概要PDFファイル74KB)