このページの本文へ移動

子育てに配慮した住宅のガイドライン

最終更新日:平成29(2017)年4月12日

ガイドライン

 東京都では、平成22年に子育てに適した住宅を検討する際に役立つ技術的な情報について取りまとめた「子育てに配慮した住宅のガイドブック」を発行するとともに、同年度から平成26年度まで「東京都子育て世帯向け優良賃貸住宅供給助成事業(モデル事業)」を実施してきました。
 このモデル事業の検証結果を踏まえ、住宅の供給や建設・改修に携わる方や管理に携わる方が子育てに配慮した住宅を検討する際に役立つ情報を取りまとめた「子育てに配慮した住宅のガイドライン」を新たに策定しました。

 本ガイドラインは、民間住宅課担当窓口等において配布しております。

第10回キッズデザイン賞

- 第10回キッズデザイン賞 奨励賞を受賞しました -

 子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する「第10回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)において、「子育てに配慮した住宅のガイドライン」が「子どもたちを産み育てやすいデザイン 地域・社会部門」の奨励賞(キッズデザイン協議会会長賞)を受賞しました。
<審査評>
 子育て世帯に適した住まいの条件や要素について体系的かつ具体的にまとめた事業者向けの指針である。開発・設計に有用なハードの具体的数値のみならず、居住者や地域との円滑なコミュニティづくりに関する事項などソフト面もカバーしており、子育て支援住宅の設計に大いに参考になる。生活者の住宅選びにも活かせるだろう。

1 ガイドラインの概要

 本ガイドラインは、子育て世帯に適した住まいの広さや安全性等を備え、子育て支援サービスとの連携にも配慮した優良な住宅を整備する際に考慮すべき事項について、以下の四つの基本的視点により構成しています。

  1.  (1)子供の遊び場や子育てのための施設など「良好な周辺環境の確保」
  2.  (2)子育てに配慮した設備や間取りなど「安全性・家事の効率性の確保」
  3.  (3)子育て世帯が集まって住むことによる「安心感や活発な交流の展開」
  4.  (4)集会所や自転車置場などを円滑に利用するための「管理・運営のルールづくりなど」

2 ガイドラインのダウンロード

表紙
はじめに
目次
【分割①】(PDFファイル473KB)
第1編 ガイドライン策定の背景及び考え方 【分割②】(PDFファイル818KB)
第2編 子育てに配慮した住宅のガイドライン
 Ⅰ 子育てに配慮した住宅の立地として好ましい環境
【分割③】(PDFファイル915KB)
第2編 子育てに配慮した住宅のガイドライン
 Ⅱ 建物を整備する際の配慮事項  1 住戸内
【分割④】(PDFファイル2.6MB)
第2編 子育てに配慮した住宅のガイドライン
 Ⅱ 建物を整備する際の配慮事項  2 共用スペース
【分割⑤】(PDFファイル1.1MB)
第2編 子育てに配慮した住宅のガイドライン
 Ⅲ 子育て支援施設等の設置及び子育て支援サービスの提供に関する配慮事項
【分割⑥】(PDFファイル790KB)
第2編 子育てに配慮した住宅のガイドライン
 Ⅳ 計画時及び管理・運営時における配慮事項
【分割⑦】(PDFファイル896KB)
参考資料 【分割⑧】(PDFファイル2.8MB)

3 東京都子育て支援住宅認定制度について

認定マーク

 本ガイドラインの掲載事項に沿って定めた認定基準により、居住者の安全性や家事のしやすさなどに配慮された住宅で、かつ、子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組を行っている優良な住宅を東京都が認定する制度を実施しています。

詳しくはこちらから