このページの本文へ移動

不動産取引の手引き

最終更新日:平成28(2016)年4月1日

※出典元:(一財)不動産適正取引推進機構編集発行「不動産売買の手引」

はじめに

一般の方が、不動産の売買をすることは一生に何度もあることではありません。マイホーム購入についての知識や経験も少ないのが普通です。
そこで、つい業者任せになってしまい、後になってから「こんなはずではなかった」、「悪質業者にだまされた」といったトラブル相談が多く寄せられています。
ここでは、一般財団法人不動産適正取引推進機構の発行する「不動産売買の手引き」の内容から 、マイホームなどの不動産を購入する方のために、最低限知っておいていただきたい知識を紹介します。
購入の計画から始まり、取引が終了するまでをステップを追って、注意すべき点を説明してあります。
よく読んで、くれぐれも失敗のない不動産取引を行って下さい。

不動産売買の手引(PDFファイル770KB)(一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページへ)

イメージイラスト

【目次】

不動産取引の心構え ★取引のポイント
★不動産取引の一般的な流れ
安全な取引のための8つのステップ
1 購入計画をたてる
  1. 1.どんな場所の、どんな家に住みたいのですか
  2. 2.予算は? どれだけの返済が可能ですか
  3. 3.買換えのときは
2 物件情報を収集する
  1. 1.オトリ広告に注意
  2. 2.よい広告とは
  3. 3.現地調査・確認のポイント
3 宅建業者に媒介・代理を依頼する
  1. 1.宅建業者の選び方
    ○業者名簿閲覧の手引き
  2. 2.宅建業者と媒介契約(または代理契約)を締結する
4 契約をする前に
  1. 1.宅建業者が禁止されている行為
  2. 2.宅建業者の「重要事項」の説明義務
  3. 3.重要事項説明書の記載・説明事項
  4. 4.知っておきたいこと
5 契約を締結する
  1. 1.契約を締結するときの心構え
  2. 2.手付金等を支払うとき
  3. 3.建築条件付土地の契約をするには
6 契約を解除するときは
  1. 1.クーリング・オフによる解除
  2. 2.手付放棄による解除
  3. 3.ローン利用特約等の条件に基づく解除
  4. 4.契約違反による解除
  5. 5.消費者契約法による契約の取消し
  6. 6.瑕疵担保責任による解除
  7. 7.詐欺や錯誤による契約の取消し
  8. 8.話し合いによる合意解除
7 残金支払(決済)と引渡し
  1. 1.決済・引渡しとは
  2. 2.事前準備と事前確認
8 引渡後に不具合・欠陥が…
  • 1.瑕疵とはどんなこと
  • 2.法律が規定する「瑕疵担保責任」
  • 3.「アフターサービス」との違い
  • 4.売主が倒産した場合の瑕疵担保責任とは