このページの本文へ移動

豊洲地区

最終更新日:平成30(2018)年10月17日

計画の概要

  1. (1)土地利用計画
    本地区は、都心に近接した地理的条件を活かし、業務・商業、居住、市場など多様な機能を複合的に配置することを基本とします。地区東側は、学校用地を確保し環境の良い住宅地を配置します。
    地区北側水際沿いは、住宅と業務・商業、文化等多様な機能のバランスのとれた複合ゾーンを配置します。地区中央部は、地区の魅力を高めるために晴海通り沿いの新駅を中心に業務・商業施設を集約して配置し、補助第315号線の晴海側では環状第2号線以西に、同有明側では晴海通り以西には市場を配置します。地区西端部には、優れた眺望を活かし、人々の交流のための空間を形成するため、文化・商業等の複合ゾーンを配置します。
  2. (2)道路計画
    道路は、都心部と臨海副都心を結ぶ広域幹線道路として放射第34号線支線1(晴海通り延伸部)、環状第2号線及び補助第315号線を骨格とし区画道路4路線を計画します。
  3. (3)公園計画
    公園は近隣公園を地区西側に1箇所、公園を3箇所配置します。
土地利用現況及び土地利用計画
区分 施行前 施行後
面積 (平方メートル) 割合 (%) 面積 (平方メートル) 割合 (%)
公共用地 34,696 3.8 158,667 17.5
0 0.0 36,801 4.0
217 0.0 434 0.0
34,913 3.8 195,902 21.5
宅地 民有 483,697 53.1 642,481 70.5
公有 392,022 43.0
875,719 96.2 642,481 70.5
保留     72,358 8.0
測量 109 0.0    
910,741 100.0 910,741 100.0
減歩 26.64%

お問い合わせ先

事業課 臨海部事業担当
電話 03-3534-3421