このページの本文へ移動

豊洲地区

最終更新日:令和元(2019)年5月29日

事業の目的

本地区は、都心と臨海副都心との中間に位置することから臨海副都心と連携した整備を図ることとして、居住、業務・商業、文化等の諸機能が効果的に複合された活力ある市街地の実現を図ります。このため、土地利用の転換とそれに必要な都市計画道路等の広域的交通施設の一体的整備を進め、都市機能の更新を図ります。また、再開発等促進区を定める地区計画制度を導入し、土地の合理的な高度利用並びに良好な都市環境の形成を図ることを目的としています。
 本事業は、開発利益の還元により広域的交通施設の一体的な整備を図るための手法として、大街区方式土地区画整理事業により施行します。

豊洲地区の地図

事業の概要

(1) 事業の名称 東京都市計画事業豊洲土地区画整理事業
(2) 施行者 東京都
(3) 施行地区 江東区豊洲二丁目・五丁目の各一部及び豊洲六丁目の全部
(4) 施行面積 約91.1ha
(5) 都市計画決定 平成5年7月19日(東京都告示第804号)
(6) 事業計画決定  平成9年11月17日(東京都告示第1232号)
(7) 施行期間 平成9年度~平成31年度
(8) 総事業費 約566億円
(9) 減歩率 26.64%(公共減歩率18.38%、保留地減歩率8.26%)
(10) 権利者数 2,188名(所有者2,188名、借地権者0名)
※平成31年3月31日現在
(11) 整備される主な公共施設
 ① 都市計画道路 放射第34号線支線1(幅員50~60メートル 延長約538メートル
環状第2号線(幅員50 メートル 延長約516メートル
補助第315号線(幅員40 メートル 延長約1,898メートル
 ② 区画道路 幅員16・20メートル 総延長約1,196メートル
 ③ 公園 4箇所(うち近隣公園1箇所) 面積約3.7ha

お問い合わせ先

事業課 臨海部事業担当
電話 03-3534-3421