このページの本文へ移動

祖師ヶ谷公園整備

公園の概要

・都市計画名称:
東京都市計画第5・6・20号祖師ヶ谷公園
・公園名称:
祖師ヶ谷公園
・位置:
世田谷区上祖師谷三・四丁目地内(開園区域)
・公園種別:
総合公園
・都市計画年月日:
昭和32年12月21日
・都市計画面積:
約53.3ha
・現在の開園面積:
約8.2ha
・事業主体:
東京都

事業の概要

 本公園は小田急線成城学園駅の北約1kmに位置し、仙川中流とその左岸側の台地からなっています。昭和18年に防空緑地として計画決定されたのが前身で、その後、昭和32年に東京都市計画公園として改めて決定されました。その後、農地の宅地化で事業が困難となっていたが、旧東京教育大学農場の跡地取得をきっかけに事業が進むようになりました。河川沿いにあることから、東京における水と緑の骨格軸をなす大規模公園と位置づけられており、現在、用地取得・拡張整備を行っています。開園区域は仙川沿いの部分で、テニスコート、はらっぱ、親水テラスなどがあります。なお、計画区域内には一部、区立公園も開園されています。

これまでの経緯

・昭和32年12月
都市計画決定
・昭和50年6月
当初開園
・平成元年3月
事業認可

祖師ヶ谷公園の現況

地図

祖師ヶ谷公園の現況

イメージ