このページの本文へ移動

月島一丁目西仲通り(つきしまいちちょうめにしなかどおり)地区第一種市街地再開発事業
(中央区決定)

(平成29年7月31日現在)

1.概要

 当地区は、路地を中心とした居住の場と地場産業が混在したまちとして、独自の発展をしてきた地域である。地区内は狭小な敷地に低層木造老朽家屋が密集し、土地の高度利用が図られておらず、防災上からも大きな課題となっている。
 当事業は交通結節点である月島駅に近接し、かつ繁華性の高い西仲通りに面する立地条件を活かして、地域的な公共的空地・空間を整備し、住環境の向上、地域の防災性の向上を図るとともに、住み続けられ、働き続けられるまちとして、土地の高度利用により住宅、商業機能等を備えた複合市街地への更新を図るものである。

2.計画内容

施行者
月島一丁目西仲通り地区市街地再開発組合
所在地
東京都中央区月島一丁目
面積
約0.7ha
事業費
約291億円
整備内容
公共施設
 特別区道中月第849号線、805号線、803号線
  {幅員5.45m(全幅員10.91m)}
 特別区道中月第822号線
  {幅員2.73m(全幅員5.45m)}
施設建築物
 延べ面積 約53,961平方メートル
 主要な用途 (住宅、商業、駐車場等)
 住宅戸数 約500戸

3.主な経過

都市計画決定 平成25年 2月
組合設立(事業計画)認可平成26年12月
権利変換計画認可平成28年12月
建築工事着工平成29年 3月
建築工事完了平成33年 3月(予定)

4.その他(関連都市計画等)

・高度利用地区
・地区計画 等

5.施行者の連絡先

月島一丁目西仲通り地区市街地再開発組合 03-3532-1881

イメージパース
イメージパース

位置図
区域図