このページの本文へ移動

中野二丁目(なかのにちょうめ)地区第一種市街地再開発事業
(中野区決定)

(平成29年7月31日現在)

1.概要

 本事業は、更新時期を迎えた公社住宅一帯の再開発により、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を進め、商業・業務、都市型住宅など多様な都市機能が集積する中野駅南口のにぎわいの核を形成するものである。
 土地区画整理事業との一体的施行により、南口駅前広場の拡張整備や東西南北の交通動線の整備を行い、安全で快適な交通結節点とするとともに、人々の回遊とにぎわいが広がる複合市街地の形成を図る。

2.計画内容

施行者
中野二丁目地区市街地再開発組合(予定)
所在地
東京都中野区中野二丁目地内
面積
約1.0ha
総事業費
未定
整備内容
延べ面積 約96,700平方メートル
主な用途(商業、業務、住宅、駐輪場、駐車場 等)
住宅戸数 約440戸

3.主な経過及び予定

都市計画決定 平成27年 3月
組合設立(事業計画)認可平成29年度(予定)
権利変換計画認可平成30年度(予定)
建築工事着工平成31年度(予定)
建築工事完了平成34年度(予定)

4.その他(関連都市計画等)

高度利用地区
地区計画
土地区画整理事業(約2.4ha、一体的施行を予定)

イメージパース

位置図