このページの本文へ移動

目黒駅前(めぐろえきまえ)地区第一種市街地再開発事業
(品川区決定)

(平成29年7月31日現在)

1.概要

 本地区は、JR山手線など4線が乗入れる目黒駅の東側に位置し、平成16年に決定した東京都の都市再開発方針において、地区内の大半を占める遊休化した都有地を核として、周辺市街地を含めて一体的な整備を進めていく地区として位置づけられている。
 このため、地区の大部分を占める低未利用地を解消し、都市計画道路の整備並びに土地の合理的かつ健全な高度利用により、目黒駅周辺の地域生活拠点としての都市機能更新を図るものである。

2.計画内容

施行者
目黒駅前地区市街地再開発組合
所在地
東京都品川区上大崎二丁目及び三丁目各地内
面積
約2.3ha
事業費
約837億円
整備内容
公共施設
 都市計画道路補助159号線(幅員15メートル
 区画道路(幅員6メートル)等
施設建築物
 延べ面積  約171,280平方メートル
 主要な用途(商業、業務、住宅)
 住宅戸数  約940戸

3.主な経過及び予定

都市計画決定 平成22年12月
組合設立(事業計画)認可平成24年7月
権利変換計画認可平成25年9月
建築工事着工平成26年8月
建築工事完了平成29年11月(予定)

4.その他(関連都市計画等)

高度利用地区 地区計画

5.施行者の連絡先

目黒駅前地区市街地再開発組合 TEL 03-4540-1400

イメージパース
完成図

位置図
区域図