このページの本文へ移動

スムーズビズ

 全ての人々がいきいきと働き、活躍できる社会の実現に向け、都民や事業者の交通行動の工夫やテレワークの推進、効率的な物流などハード・ソフト両面から、快適な通勤環境や企業の生産性の向上を図ることが必要です。
 このため、新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを「スムーズビズ」として位置付け、これを広く社会に普及していく取組「スムーズビズ推進プロジェクト」を展開していきます。
 東京2020大会の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)とテレワークや時差Bizなどの取組を一体的に推進しており、国等と進めている「テレワーク・デイズ」や「2020TDMプロジェクト」とも連携して取り組みます。

≪イメージ≫

≪スムーズビズ推進期間≫

 大会時を見据えたテスト期間として、交通混雑緩和に向けた取組を広く実施していただく「スムーズビズ推進期間」を以下のとおり設けます。

  • スムーズビズ推進期間:2019年7月22日(月)~9月6日(金)
  • うち集中取組期間※:①2019年7月22日(月)~8月2日(金)
    (オリンピック開催期間に相当)
    ②2019年8月19日(月)~8月30日(金)
    (パラリンピック開催期間に相当)
    • ※集中取組期間は、より重点的な取組の実施を呼びかけるとともに、効果の検証を行い、大会開催時に向けた取組に反映します。
    • ※同一の期間で展開する国のテレワーク・デイズとも連携を図ります。

 「スムーズビズ推進期間」について別ウインドウを開く