このページの本文へ移動

(1)都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)

最終更新日:平成28(2016)年1月19日

1.概要

都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)案内地図
※クリックして拡大別ウインドウを開く

  • ●プロジェクトの名称
    都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)
  • ●所在地
    港区海岸一丁目20番9(地番)ほか
  • ●活用する都有地(計約1.5ヘクタール
    1. ① 東京都公文書館跡地
    2. ② 東京都計量検定所跡地
    3. ③ 都立産業貿易センター浜松町館跡地
  • 竹芝地区の現況開閉(クリックして詳細を確認)
  •   竹芝地区は、特定都市再生緊急整備地域及びアジアヘッドクォーター特区に指定されており、国際金融等の中枢業務拠点である大手町・丸の内・有楽町地区、東京と国内外を結ぶ交通結節点である品川・田町といった国際競争力の高い拠点に囲まれています。
     また、羽田国際空港から至近の距離にあり、東京の国際競争力強化を目指す拠点として重要な位置にあります。
     さらに、東京湾に面し、地区内及び周辺地域には複数の駅が存在するとともに、旧芝離宮恩賜庭園、浜離宮恩賜庭園といった二つの文化財庭園が存在しています。
     周辺では、汐留の開発に加え、品川・田町の開発や浜松町駅周辺等の新たなまちづくりの動きもあります。
     こうした背景の下、竹芝地区においても、新たな都市開発への機運が高まりを見せています。しかし、地区の中心に更新期を迎えた都有施設が集積していることが、まちの魅力を低減させる要因の一つとなっています。こうした施設の再編整備を契機として、地区内外と連携しつつ、国際競争力の強化に資する開発を推進していくとともに、防災対応力を備えたスマートシティの実現に向けた展開が求められています。

  • 事業の目的開閉(クリックして詳細を確認)
  •   本プロジェクトは、「豊かな緑、海、文化を実感できる、活気ある業務・商業等の拠点を形成」をコンセプトとし、都有施設の再編整備を契機として、以下に示す都有地活用事業及びエリアマネジメント業務により、地区の魅力を高め東京の都市再生に寄与することを目的とします。

    1. ① 都有地活用事業
       事業者は、活用都有地を都から借り受け、国際競争力の強化に資するビジネス拠点の形成、防災対応力を備えたスマートシティの推進及び魅力ある都市環境の創出を図るため、新産業貿易センター及び民間複合施設等の整備を行う。
    2. ② エリアマネジメント業務
       事業者は、新たなまちづくりの機運を醸成させるために、エリアマネジメント組織を設立及び運営し、地権者等と連携しながら、事業期間を通して、防災性の向上や低炭素化の推進等、エリアマネジメントに係る各種活動を行う。
  • これまでの経緯開閉(クリックして詳細を確認)
  • 平成22年3月17日
    実施地区の公表
    平成22年12月22日
    事業実施方針及び竹芝地区まちづくりガイドラインの公表
    平成23年2月15日
    事業実施方針に関する質問回答書の公表
    平成24年7月13日
    事業者募集要項等の公表新しいWebが開きます。
    平成24年10月10日
    事業者募集要項等に対する質問回答書の公表
    平成24年11月15日
    対話に基づく周知事項の公表
    平成25年5月29日
    事業予定者の決定新しいWebが開きます。
    平成25年9月17日
    基本協定締結
    平成26年2月5日
    竹芝地区エリアマネジメント準備室開設新しいWebが開きます。
    平成26年9月25日
    竹芝地区まちづくり協議会設立新しいWebが開きます。
    平成27年3月19日
    国家戦略特別区域に係る区域計画の変更認定
    平成27年3月27日
    東京都市計画都市再生特別地区の変更告示
    平成27年4月3日
    国家戦略特別区域に係る区域計画の変更認定告示
    平成27年7月31日
    定期借地権設定契約締結(公文書館跡地、計量検定所跡地)

2.事業実施方針

 事業実施方針は、事業実施条件、事業予定者の募集・選定など都有地活用事業(1.5ヘクタール)の実施における基本的な考え方を示したものです。

3.竹芝地区まちづくりガイドライン

  • ●ガイドライン本文
  • 竹芝地区まちづくりガイドラインの概要開閉(クリックして詳細を確認)
  •  本ガイドラインは、「2020年の東京」、「東京の都市づくりビジョン」や「港区まちづくりマスタープラン」等の行政計画を踏まえて、竹芝地区のまちづくりの方針を示すとともに、それらの計画の実現に向けた整備の方向性を示すものです。

    《関連行政計画》

    2020年の東京
    「2020年の東京」へのアクションプログラム2013
    東京の都市づくりビジョン
    東京都景観計画
    港区景観計画別ウインドウを開く (港区のホームページへリンク)
    東京都地域防災計画別ウインドウを開く (東京都防災ホームページへリンク)
    東京都防災対応指針別ウインドウを開く (東京都防災ホームページへリンク)

    • 竹芝地区のコンセプト
      「豊かな緑、海、文化を実感できる、活気ある業務・商業等の拠点を形成」
    • エリア別まちづくりの方針
      地区全体を4つのエリアに区分し、歴史的な庭園や水辺の潤いなど、エリア毎の特徴を生かしたまちづくりの方針を示すものです。
    • 都有地を活用した拠点開発
      まちづくりの目標と誘導する機能
      • ・ 国際競争力の強化に資するビジネス拠点の形成
      • ・ 防災対応力を備えたスマートシティの推進
      • ・ 魅力ある都市環境の創出
    • 地区全体での取組
      エリアマネジメント、防災、環境、景観などについて、地区全体において行政、民間、官民双方が取り組む内容を示すものです。

4.事業者募集要項等

 事業者募集要項等は、事業実施方針に基づき募集内容の詳細を確定し、民間事業者を募集するための条件等を示したものです。

5.事業予定者の決定

  • ●事業予定者
    グループ名:
    Team 竹芝の大樹
    構成員:
    東急不動産株式会社(代表企業)、鹿島建設株式会社、
    株式会社久米設計
  • 事業予定者の提案概要開閉(クリックして詳細を確認)
    1. ① 民間複合施設の概要
      活用都有地 計量検定所跡地
      産業貿易センター跡地
      公文書館跡地
      用途 業務、商業、産業貿易センター、
      コンテンツ関連施設(映像コンテンツ制作上のニーズに対応した施設) 等
      賃貸住宅、商業、
      保育所(外国人対応)、
      サービスアパートメント 等
      延床面積 約104,095平米 約14,234平米
      高さ(階数) 約151m(26階/地下2階) 約88m(19階)

      ※都市再生特別地区の活用を想定

    2. ② 国際競争力の強化に資するビジネス拠点の形成のための取組
      • ・ 事業者が中心となって協議会(有識者、コンテンツ業界団体等が参画)を設立し、起業支援・企業誘致等を展開
      • ・ 業務支援機能及び生活支援機能による外国企業誘致
    3. ③ 防災対応力を備えたスマートシティの推進に資する取組
      • ・ 2,200人分の帰宅困難者受入スペース(3日分の備蓄確保)
      • ・ 非常用ガスタービン発電機を設置(3日分の重油確保)
      • ・ コージェネレーションシステムの導入と地域冷暖房の活用
    4. ④ 魅力ある都市環境の創出に資する取組
        浜松町駅、竹芝駅、竹芝ふ頭を直結し街を一体化する歩行者デッキを整備
    5. ⑤ 産業貿易センターと民間複合施設との連携
      • ・ 展示室と隣接し、アフターコンベンションも可能な外部テラスを整備
      • ・ 国際的なコンテンツ見本市等を誘致
    6. ⑥ エリアマネジメント業務
      • ・ 事業運営会社とまちづくり協議会の両輪による事業推進
      • ・ 各種活動(環境啓発イベントの開催、防災隣組の設置等)の実施

    【完成予想図】

    完成予想図

    ※事業予定者の提案概要は提案時のものであり、変更になることがあります。

6.都市計画等の手続き

 平成26年5月に、東京都9区等を含む5区域が国家戦略特別区域に指定されたことを受け、同年10月1日に東京圏国家戦略特別区域会議(第1回)が開催され、国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成を図るための計画である区域計画の素案が示されました。この区域計画に特定事業として位置付けるべき事業の候補の一つとして、本プロジェクトが提示されました。
 その後、同月21日及び平成27年1月16日の東京都都市再生分科会において、事業者から提案された国家戦略都市計画建築物等整備事業の案等が審議され、東京都及び港区都市計画審議会の議を経て、同年3月4日の国家戦略特別区域会議において区域計画を作成、同月19日に内閣総理大臣による認定を受け、都市計画決定されたものとみなされました(同月27日告示)。
 なお、上記会議の詳細については、内閣府地域活性化推進室のホームページよりご覧いただけます(以下リンク)。

  • ● 国家戦略都市計画建築物等整備事業の概要
  1. ① 都市再生特別地区(第3回分科会資料1、参考資料1)
    (1) 計画諸元
    全体 A街区(業務棟) B街区(住宅棟)
    計画容積率 約1,100% 約1,290% 約420%
    建築物の高さの最高限度 - GL+210m GL+100m
    敷地面積 約15,600平米 約12,200平米 約3,400平米
    延床面積(容積対象床面積) 約200,000平米
    (約171,000平米
    約180,000平米
    (約157,000平米
    約20,000平米
    (約14,000平米
    主要用途 - 事務所、店舗、
    ビジネス支援・交流施設、
    起業支援施設
    新産業貿易センター等
    住宅、サービス
    アパートメント、
    シェアハウス、
    子育て支援施設等
    階数/高さ - 地上39階、地下2階/約210m 地上21階/約100m
    駐車等台数 自動車(うち荷捌き) 390台(25台) 339台(24台) 51台(1台)
    自転車 291台 131台 160台
    自動二輪 37台 26台 11台
    着工(予定) - 平成28年度 平成27年度
    竣工(予定) - 平成31年度 平成29年度
  2. (2) 都市再生への貢献
    1. 1) 官民合築・連携による産業振興とにぎわい創出
      • ・ 新産業貿易センターと民間施設の一体的整備
      • ・ コンテンツ産業における研究開発・人材育成・ビジネス交流機能の整備
      • ・ エリアマネジメントによるまちづくりの推進
    2. 2) 浜松町駅・竹芝駅・竹芝ふ頭・にぎわい空間をつなぐ歩行者ネットワークの整備
      • ・ バリアフリーの歩行者デッキとにぎわいを創出する多様なオープンスペース等の整備
    3. 3) 防災対応力の強化とエネルギーネットワークの整備
      • ・ 竹芝ふ頭の災害時海上輸送機能と連携した広域的な帰宅困難者支援等の実施
      • ・ 帰宅困難者等の支援機能の整備
      • ・ 自立分散型エネルギーの導入
      • ・ エネルギーネットワークの構築
    4. 4) 環境教育の拠点形成と環境負荷低減への取組
      • ・ 生物多様性保全の取組をいかした環境教育の実施
      • ・ 環境負荷低減への取組
      • ・ 緑豊かな都市環境づくり
      • ・ 地産地消への取組
  3. ② 地区計画(第3回分科会資料2)
    1. (1) 面積 約2.4ha
    2. (2) 地区施設
      1) 広場1号~6号
      2) 歩行者専用通路1号~3号
      3) 歩道状空地1号~3号
  4. ③ 都市計画道路(第3回分科会資料3)
    (1) 種類
    特殊街路
    (2) 名称
    港歩行者専用道第8号線
    (3) 幅員・延長
    約6m、約230m
    (4) 構造
    嵩上式

イメージパース(竹芝ふ頭方面より)

イメージパース(竹芝ふ頭方面より)

7.今後のスケジュール

 平成27年度 地下躯体解体工事の着工
 平成28年度 本体工事の着工

お問い合わせ先

都市づくり政策部 土地利用計画課
電話 03-5388-3249