このページの本文へ移動

多摩ニュータウンの魅力

多摩ニュータウンとは

 多摩ニュータウンは、東京都西南部の多摩丘陵に位置する、八王子、町田、多摩及び稲城の4市にわたる総面積2,853ha、東西14km、南北2~3kmの地域です。
 昭和30年代の東京では、深刻な住宅難によって、住宅建設が既成市街地から周辺地域へと拡大していき、昭和30年代の終わりごろには、多摩地域でも無秩序な開発が進行していました。
 このような乱開発を防止するとともに、居住環境の良い宅地や住宅を大量に供給することを目的として、昭和40年に多摩ニュータウンの計画が決定され、昭和46年には入居が開始されました。
 昭和61年以降は、昼夜間人口の不均衡などを解消するため、業務施設が導入され、多機能型のニュータウンとして発展していきました。
 現在は、住宅をはじめする、業務、商業、教育、文化など多様な施設が立地する、人口約22万人を擁する多摩地域における複合拠点となっています。

(多摩ニュータウンの位置)

多摩ニュータウン:画像

都市基盤施設

 多摩ニュータウンの道路は、都市幹線・地区幹線・住区幹線及び住区道路で構成されています。
 街区公園や近隣公園から、プールや野球場、グラウンドのある運動公園、多摩丘陵の自然を残した大規模公園まで、各種の公園、緑地が整備されています。
 それらの公園、サービス施設を結び、車と交差せず利用できるように歩行者専用道路が整備されています。

 <関連リンク:「フルマラソンレベル!日本一長い遊歩道」(多摩市HP)別ウインドウを開く

(幹線道路・歩行者専用道路)

多摩ニュータウン:画像

広域交通

 多摩ニュータウンと都心を結ぶ鉄道として、京王相模原線と小田急多摩線があり、多摩センターから新宿まで約30分で行くことができます。
 また、上北台~多摩センター間を結ぶ多摩都市モノレールによって、多摩地域南北方向の公共交通網の充実、核都市間相互の連携強化などが図られています。
 道路網についても、平成26年に圏央道の東名高速道路~中央自動車道区間が開通し、東名高速道路から多摩ニュータウンへのアクセスが大いに改善されました。
 さらに、リニア中央新幹線が開業すれば、中間駅設置予定の橋本に隣接する多摩ニュータウンから名古屋・大阪の各都市圏への移動が飛躍的に便利になります。

(広域交通の位置図)

多摩ニュータウン:画像

大学・研究機関

 多摩ニュータウン及びその周辺には、首都大学東京など多数の大学・研究・研修機関が存在しています。

(多摩ニュータウン及びその周辺の大学と研究機関)

多摩ニュータウン:画像

医療施設

 二次救急医療機関として、永山に大学病院、多摩センターに東京都保健医療公社の病院が開設されています。
 その他にも病院、診療所が開設されています。

防災

 東京都が平成25年に公表した「地震に関する地域危険度測定調査(第7回)」において、多摩ニュータウンは全域が総合危険度ランク1となっており、建物倒壊や延焼の危険性がきわめて低く、他の地域に比べて安全といえます。

(多摩ニュータウンの総合危険度)

多摩ニュータウン:画像

多摩ニュータウン開発の歩み

<昭和39年頃>

多摩ニュータウン:画像1

多摩ニュータウンは、昭和40年に都市計画決定され、建設がスタートしました。
多摩ニュータウンが計画された地域は、写真のとおり、山林や田畑が多くを占めていました。

<昭和45年頃>

多摩ニュータウン:画像2

諏訪・永山地区の団地建設が進んでいます。写真手前は都営住宅、後方は公団(現UR)住宅です。

<昭和49年>

多摩ニュータウン:画像3

京王相模原線が多摩センター駅まで開通しました。
また、翌年には小田急多摩線も多摩センター駅まで開通しました。

<昭和55年>

多摩ニュータウン:画像4

多摩センター地区の業務、商業施設の一部が開業しました。その後、多摩ニュータウンへの良好なアクセスや優れた都市基盤整備等により、業務機能が集積し、多摩ニュータウンの中心地として発展していきました。

<平成3年>

多摩ニュータウン:画像5

都立大学(現 首都大学東京)が南大沢地区に移転しました。これにより、多摩地域の文化の向上などに寄与しています。

<平成12年>

多摩ニュータウン:画像6

多摩都市モノレールが全線開通し、多摩地域南北方向の公共交通網の充実、核都市間相互の連携強化などが図られています。