このページの本文へ移動

融資制度等

最終更新日:平成29(2017)年2月13日

融資制度等

東京都個人利子補給助成制度

 木造住宅密集地域内において既存住宅の耐火・準耐火構造住宅への建替えを誘導し、不燃化の促進を図るため、自己資金だけでは住宅の建替えが困難な方に対し、あらかじめ指定された金融機関・金利型をご案内し、当該金融機関が都の利子補給を受けて長期低利の資金を融資する制度です。

 東京都個人住宅利子補給助成の詳細はこちら(民間住宅課のページ)

高齢者向け返済特例制度

 満60歳以上の方がご自宅を建て替える際に必要な資金を、(独)住宅金融支援機構が融資する制度です。融資限度額は1,000万円、(一財)高齢者住宅財団が連帯保証人になります(保証料はお客さまの負担となります。)。月々の返済は利息のみとなり、月々の負担を低く抑えられます。元金は、申込人がお亡くなりになったときに、融資住宅及びその敷地処分、機構からの借換え融資、自己資金等により相続人の方から一括してご返済いただきます。

 高齢者向け返済特例制度の詳細はこちら((独)住宅金融支援機構のページ:密集市街地改善に向けた連携チラシ)別ウインドウを開く

 なお、ご案内のページでは江東区の事例のみを紹介しておりますが、他区でもお取扱いがございます。