このページの本文へ移動

防災都市づくり推進計画(改定)(平成28年3月)
~「燃えない」「倒れない」震災に強い安全・安心な都市の実現を目指して~

平成29年3月30日
東京都

 東京都は、大地震が発生した場合にも被害を最小化する地震に強い防災都市づくりを進めるため、「防災都市づくり推進計画」に基づき、木造住宅密集地域の改善など防災都市づくりに取り組んできました。
 首都直下地震の切迫性や東日本大震災の発生を踏まえ、取組を充実させる必要があることから、「木密地域不燃化10年プロジェクト」の反映や、木密地域の更なる改善に向けた新たな取組などについて、区市とともに検討を進め、、平成28年3月に改定いたしました。

推進計画改定のポイント

○防災生活道路の整備により不燃化・耐震化を加速

  • ・整備地域※における延焼遮断帯に囲まれた市街地について、緊急車両の通行や円滑な消火・救援活動及び避難を可能とする防災上重要な道路に関する計画を区とともに策定し、計画的、重点的に整備
  • ・計画幅員6m以上の防災生活道路は、積極的に地区計画等に位置付け、整備を促進
  • ・道路整備と一体となって沿道の不燃化建替え等を促進し、不燃化・耐震化を加速

 ※ 整備地域:木造住宅密集地域のうち特に甚大な被害が想定される地域(28地域・約6,900ha)

○市街地の木密地域拡大の未然防止

  • ・これまで、整備地域の改善に重点的に取組んできたが、整備地域以外の市街地についても、木造住宅密集地域の改善又は拡大の未然防止を図るため、地区計画等による敷地の細分化防止や、市街地の耐火性を高める新防火区域の指定を区市に働きかける。

○推進計画(改定)の概要

概要版(PDFファイル2.0MB)

整備プログラムの更新(平成28年度)

 平成32年度までの目標達成に向け、木密地域の更なる改善を図るため、「防災都市づくり推進計画」第3章3「市街地の整備の方針」に係る施策の追加等について、整備プログラムを平成28年度末時点に更新します。今後は更新した整備プログラムに基づき諸施策を推進していくとともに、新たに取組む施策等について毎年度更新を行います。

○更新する主な項目

  • ・防災生活道路(拡幅・不燃化)の指定箇所を追加し、整備を促進
  • ・無電柱化を検討する路線を新たに位置付け、災害時における緊急車両の通行空間を確保する等、地域の防災性の向上を図る
  • ・重点整備地域(不燃化特区)の区域拡大

○整備プログラム更新の概要

概要版(PDFファイル2.8MB)

本文

表紙・目次・はじめに(PDFファイル408KB)

第1章 防災都市づくりの展開(PDFファイル2.1MB)
第2章 防災都市づくりに関する地域等の指定(PDFファイル1.7MB)
第3章 防災都市づくりの整備方針(PDFファイル2.4MB)
第4章 計画の推進体制(PDFファイル182KB)
第5章 延焼遮断帯としての都市計画道路の整備(PDFファイル807KB)
第6章 緊急輸送道路の機能確保(PDFファイル423KB)
第7章 整備地域・重点整備地域の整備*

その1 整備計画、整備地域及び重点整備地域総括表(PDFファイル610KB)

その2 大森中地域、西蒲田地域、羽田地域、林試の森周辺・荏原地域、世田谷区役所周辺・三宿・太子堂地域、北沢地域、南台・本町(渋)・西新宿地域(PDFファイル24.0MB)

その3 阿佐谷・高円寺周辺地域、大和町・野方地域、南長崎・長崎・落合地域、東池袋・大塚地域、池袋西・池袋北・滝野川地域、大谷口周辺地域、千駄木・向丘・谷中地域(PDFファイル16.4MB)

その4 西ケ原・巣鴨地域、十条・赤羽西地域、志茂地域、荒川地域、浅草北部地域、千住地域、西新井駅西口一帯地域(PDFファイル13.9MB)

その5 足立地域、北砂地域、墨田区北部・亀戸地域、平井地域、立石・四つ木・堀切地域、松島・新小岩駅周辺地域、南小岩・東松本地域、重点整備地域(不燃化特区)における各区の支援策一覧(PDFファイル15.3MB)

第8章 避難場所等の確保、防災都市づくりに資する事業等一覧(PDFファイル990KB)
資料(PDFファイル2.9MB)

 *第7章については、整備プログラム更新後のファイルとなっております。